ジャニオタ八十三番地

長く咲く花を見つめています

雑記

 

 

映画の感想とかの話ではなく・・・

 

どうでも良いことではあるんですが(しかもこんな真夜中に)

先日ツイッターでつぶやいた話↓

またスクリーンでばしゃ馬さんが観たくて、去年50人程のキャパの試写室を借りる為にツイッターで参加者募ろうと思い、問題がないか東映に問い合わせをしたら結果的に許可頂けずにできなかった。そう言うとマイナスイメージのようだけど、何故NGか一オタクにも真摯に説明・ご対応下さったんだよな〜

— fuka (@fuka911) 2016, 1月 18

 

の詳細を、メモ的に残しておこうかなと思いましたので雑記。どうしてNGだったのかと質問いただいたりもしたので。

○○の上映会やりたいな〜と考えている方には、ちょっとくらいはためになるかもしれません。

 

 

 

 

去年の9月頃の話です。

職場の近くに「レンタル試写室」なる施設があることを同僚から聞き、「そうか!そういう場所もあるか〜」と早速検索をしました。映画一本分程のレンタル時間であれば想像していたよりも金額がかからず、同志を募るにはアクセスも悪くない場所。

『ばしゃ馬さんとビッグマウス』の公開から丸二年が経ち、また大きなスクリーンで観たい気持ちも沸々していたので、11月初旬に開催の目星をつけて「鑑賞会」を行おうと思い立ちました。

 

開催にあたって、友人・知人内の安田担に声をかけるだけでは参加人数が少ないので(友達がいません☆)、ツイッターで呼びかけや募集をしてみようかなと。自宅やパセラなんかで友人らと見る時とは異なりますし、また、開催して何か問題があってはいけないので、ひとまず東映株式会社様に確認をとることにしました。

東映ホームページの問い合わせフォームより連絡。

 

 

--------------------------------------------------

個人主催の映画鑑賞会に関して

 

今年11月初旬に、都内のレンタル試写室にて、2013年公開の映画「ばしゃ馬さんとビッグマウス」の鑑賞をしたいと思っております。

 

鑑賞会は、同作品のスクリーン鑑賞を希望する成人女性複数名で試写室をレンタルし、作品を鑑賞する目的で開催いたします。複数名というのは現時点では未定ですが、およそ30〜40人前後を想定しております。試写室レンタルにかかる費用のみを参加人数で負担し、その他の営利目的は一切ありません。
作品のディスク(公式で発売されたブルーレイです)は購入しております。
上記のような内容で、鑑賞会を開催しても構いませんでしょうか?

--------------------------------------------------

 

 

実際に送った内容からは色々省略していますが、聞いたことは上のような事柄です。

翌日、広報室のご担当者さまより早速お返事をいただきました。

 

 

--------------------------------------------------

ご質問いただいた鑑賞会についてですが、
公共施設やイベント会場などで、不特定多数の方にご覧いただくことを目的として映像ソフトを使用する場合は“上映”という括りになります。
一般に市販されている商品は個人視聴のみ許諾されておりますので、有償・無償に関わらず、不特定多数に向けた上映に関しては、残念ながらご使用いただけません。

弊社では上映用のDVD/Blu-rayの貸し出しは行っておらず、上映会のご相談をいただいた場合は、条件をお伺いし許諾の判断をさせていただき、フィルムまたはDCPをお貸ししております。

--------------------------------------------------

 

 

 

これまた一部省略していますが、とりあえず「簡単にはできなさそうだな」と思いました。

 

そもそも私の勉強不足であったのが、自分がやりたいことが「鑑賞会」ではなく「上映会」だということ。無知でお恥ずかしい。

東映さんからのお返事にある通り、観る側に対して映画を流すことは、営利目的を問わず「上映」になるそうです。深く考えてみたこともなかったんですが、何となく制作側だけが使用する言葉だと思っていました。

 

 

それから自宅に帰って、ブルーレイに入っている差し込みのペラを改めて読んでみました。

 

このディスクは、一般家庭内における私的再生に用途を限って販売されています。従って有償・無償に拘わらず、権利者の書面による事前の承認を得ず、貸与・複製・公衆通信・上映等を行うことを禁止します。

 

 

…とありました。非常に見覚えがあります。自宅にある他のDVD・ブルーレイ類を見てみましたが大体書いてあることは一緒。再生して最初に出てくる画面にそれが書いてあるのも一緒。そんでもって、ばしゃ馬さんブルーレイのペラには「キングレコーズ」と書いてあったので「あ、私そもそも問い合わせ先から間違えたかな?」と思いつつ…。

 

しかし『権利者の書面による事前の承認を得ず』ということは、承認を得ればできるかもしれない。また天童くんがスクリーンで観たい…。ジャニオタ・ライフワークで磨かれたあきらめの悪さを発揮して、更に問い合わせをしてみることにしました。

 

 

--------------------------------------------------

「上映会のご相談をいただいた場合は、条件をお伺いし許諾の判断をさせていただき、フィルムまたはDCPをお貸ししております。」
との事ですが、許諾のご判断を願いたい場合、具体的にどういった内容の提出・提示が必要となりますでしょうか?また、上映会開催の相談先は貴社広報室宛で構いませんか?

 

改めて概要をまとめ、「上映会の相談」といった名目で再度問合せるように致します。
許諾に際し、判断基準や条件などございましたら事前に準備した上で問い合わせたいと思いますので、どうぞご教授いただけますと幸いです。

--------------------------------------------------

 

 

私が東映の担当者だったら「コイツしつこいな」と思ったと思います、すみませんでした……でもすんなり諦めがつかなかったので連絡。

 

それから一週間程お返事がなく、はじかれちゃったかな〜と思っていた矢先に未登録の番号から着信がありました。仕事中で出られなかったので、後から折り返すと東映さんの広報室宛に繋がり、お電話いただいていた旨を説明。

私からの電話を受けてくれた恐らく新人さんなんだろう方と一悶着して(笑)、(だって「間違い電話ではないですかね?」とか言ってくるからww)その後ようやく担当者さんから再度電話をもらいました。

 

 

と言うかここまでの前ふり別に書く必要なかったなと今さら思ってますが、とりあえず追加で問い合わせていた内容に対するお返事を聞きました。

 

 

結論的には、『ばしゃ馬さんとビッグマウス』は上映会に対する貸出用のフィルムやDCPがないそうです。

 

DCPとは「デジタルシネマパッケージ」の略称で、フィルムではなくデジタルデータによって映画を上映する方式のことだと説明もして下さいました。そして貸出用のフィルムやDCPがある作品でも、営利・非営利を問わずレンタルするためにはお金がかかるとのこと。

思わず「いくらくらいなんですか?」と聞いちゃいましたが、それは作品によってピンキリだそうで、ものによっては諭吉さんが50人くらい必要とかもっと必要とか……公開した年が新しいほど金額も高い傾向にあるみたいです。なるほどジャニだし高そうだな…。

 

 

それからもしばらく、オタクの質問疑問に受け答えして下さいました。

 

まず『貸出用のDCP等が東映側で管理されるようになる基準』について。

一概には言えないそうですが、貸し出しのある作品のほとんどが古い作品のよう。所謂「名作シリーズ」的な認識でいて間違っていないようです。

 

『試写室をレンタルして、ブルーレイ購入者個人が映画を観る場合』について。

これは上で述べた「上映」にあたらず「鑑賞」であるため、許可は必要ない。しかしそれをやるには費用がかかりすぎます。

 

 

 

では、オタクがよくやっている『カラオケ等で数名で作品を見ること』。

 

これは「許可していますとはハッキリ言えないが、あくまで鑑賞の範囲であれば禁止行為ではない」とのこと。メディアの購入者だけがそれを見る権利があると括ってしまうと、極端な話ですが同居している家族は一切見てはいけないのか?ということにもなるので、「私的再生に用途を限って」OKだということ。

つまりオタ会は、私的再生にギリギリ内包されるから「やめてください」とは言われない。でも上映会は、私的再生の枠を越えているため販売されているメディアを使用することはできない。しかしながら貸出用の媒体がないため上映会は不可能である。

 

たまたま場所が試写室で、人数がちょっと多いだけで、これは私的再生だと思っています!上映会ではありません!!と言い張ればもうそれは言いようなのかもしれませんが、個人のモラルに接することで、一般販売ソフトでの「上映」は禁止されているので、きちんとご説明いただいた以上きちんと納得して、DCPもないし上映会は諦めました。

 

 

この記事を書いている最中、どうにかスクリーンで観る方法ないもんかなぁと考えながら、「私が富豪になってシアタールームを家に作るしか無い」と寝ぼけた頭で結論付けていたら、検索でこういうやつがあることをさっき知りました。

 

ドリパス | リクエストの多い映画を映画館で上映します!

 

どうやらTOHOさんがやってるみたいです。リクエストが一定数集まったらTOHOが上映の交渉をしてくれて、許可がおりたらチケットが販売される…みたいな仕組み(ざっくり)。

東映の映画だけどいいのかな……分からないけど、検索したらばしゃ馬さんも出てきた(今2700位くらいだったけど。笑)のでとりあえずリクエストしてみました。私が金持ちになるより現実的かもしれない\(^o^)/

嵐さんで言うと「花男」とか「青の炎」とかこれでリバイバルされたみたいでうらやましいなー!Jストが絡んでると許可もらえないっぽいですが(黄色い涙がそうとか)絡んでない?もんね??

 

 

あーーーーうわーーーーまた上映してくれたら、みるみるぜったいみるよ…(CV 馬淵さんの地元の友達)

 

 

 

 

以上雑記でした。

あくまで東映さんに問い合わせた話なので、その他については分かりません。

 

広告を非表示にする